カードローンの審査で落とされる人はこんな人

申し込みの際には細心の注意を

カードローンの審査では、年収の多さであったり、どのような仕事をしているかによっても審査結果に影響を及ぼします。しかし、この審査では申込者がちょっとしたことを気をつけることで審査通過の可能性を高めることもできます。

まず気をつけたいのが申込書の記入ミスです。カードローン審査では、この申込情報をもとに審査されることになります。この情報に間違いがあったのでは、当然ですが審査落ちの原因となります。申し込みの際には記入ミスには十分に気をつけたいポイントです。

また、勤続年数が短い、希望する借入額が大きいといった場合でも審査落ちの対象となります。勤続年数は最低でも半年、できれば1年以上経過してから申し込みをしましょう。希望する借入額も審査ではポイントで、必要最低限の借入額を記入することで審査通過の可能性も高まります。

今までの利用の仕方でも審査落ち

審査落ちの原因は申し込み時だけでなく、それまでの他社での借入状況も大きな影響を与えます。他社の借入状況は分からないのではと思う人もいるかもしれません。しかし、過去の借入状況は信用情報機関の記録を確認すれば金融機関はすぐに分かってしまいます。

他社から借り過ぎていたリ、遅延や滞納、債務整理などをしていれば、審査落ちの可能性は高まります。このような場合は、少しでも他社の借入状況を良い状態にしてからの申し込みが必要でしょう。

また、どうしてもお金を借りたいと、何社も申し込みをする人がいます。これは申し込みブラックとも呼ばれ、審査落ちの原因となってしまいます。ひと月の申込数は3社までにして、もしこの3社で通らなければ、6ヶ月は待ってから申し込みをすると審査通過の可能性も高まるでしょう。